【初心者向け ステップ2】片足だけの滑り方(スケーティング)

【初心者向け ステップ2】片足だけの滑り方(スケーティング) 初心者

今回もスノーボード初心者に簡単にお伝えするために、やり方と必要なところのみを抜粋した記事です。

片足のみ板に固定して滑る「スケーティング」のやり方です。

このスケーティングはリフトの乗り降りにも繋がりますので、立ち方と一緒に平らなところや、緩い斜面で最初に練習しておきましょう。

なお、この記事では簡潔なポイントのみを書いております。

より細かく順を追った練習法などを書いた記事もありますので、成功率を上げたい方は、最後の「別のページへ」の項目にリンクを載せますので、そちらから見てみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前足と後ろ足を知る

スノーボードは横向きのスポーツですので、前足後ろ足があります。

ここでは、簡単に判断する方法のみを書きます。

●利き足ではない足・・・前足
●利き足・・・後ろ足
前足と後ろ足

基本的には、進行方向の前足のほうに体を向けて滑ります。

片足で滑る(スケーティング)のやり方①直進

■スケーティングのやり方

1.進行方向を見て、後ろ足を板の前側に出す
1.進行方向を見て、後ろ足を板の前側に出す

2.後ろ足で蹴って、前足で立つ
2.後ろ足で蹴って、前足で立つ

3.後ろ足を板の上に乗せる
3.後ろ足を板の上に乗せる

◆一連のGIF動画
まっすぐのスケーティングのJIF

目線を上げて前を向いておくように心がけることが、今後の上達を左右するポイントです。

片足で滑る(スケーティング)のやり方②方向転換

まっすぐだけでは元の場所に戻れないので、方向転換も覚えましょう。

方向転換

■方向転換のやり方

1.後ろ足を板の前に出して立つ
1.後ろ足を板の前に出して立つ

2.後ろ足のつま先をガニ股のように外側に向ける
2.後ろ足のつま先をガニ股のように外側に向ける

3.板を雪面から離すように、前足を上げる
3.板を雪面から離すように、前足を上げる

4.しっかりと板を持ち上げることで板が回る
4.しっかりと板を持ち上げることで板が回る

◆一連のGIF動画
方向転換のJIF

「2.」の後ろ足のつま先を外側に向けることと、「3.」でしっかりと板を持ち上げることがポイントです。

片足で滑る(スケーティング)のやり方③斜面で停止(背中側)

次は、緩い斜面でリフトから降りるときを想定して、練習しておきましょう。

※ここでは背中側に曲がる方法のみ書きます。

ヒールサイドの止め方(背中側に曲がって止める)

1.前側の腕で進行方向に指を差して、斜面で立つ
1.前側の腕で進行方向に指を差して、斜面で立つ

2.後ろ足を板に乗せて滑り始める
2.後ろ足を板に乗せて滑り始める

3.目線と前側の腕を背中側に回して、上半身をねじる
※板が曲がってきても目線と前側の腕を回し続ける
3.目線と前側の腕を背中側に回して、上半身をねじる
※板が曲がってきても目線と前側の腕を回し続ける

4.両足のつま先を上げてブレーキして、後ろ足を板の後ろに出して止める
4.両足のつま先を上げてブレーキ
4.足を板の後ろに出して止める

◆一連のGIF動画
斜面でのスケーティング

このやり方で板を曲げるには、思い切って目線と前の腕を背中側に回すことが大切です。

また、目線はできるだけ下を見ないように前を向いておくことも心がけましょう。

別のページへ

◆「STEP1 立ち方・姿勢転換」の記事

実際に滑る前に知っておくべきことですので、まだ読んでない方は読んでおくことをおすすめします。

◆片足だけの滑り方の練習法やポイントをより細かく書いている記事

この記事では書いていない「斜面でのつま先側での止まり方」「段階を細かく分けた練習法」などを説明してるので、より詳しく知りたい方は読んでみてください。

◆スノーボードの体の向きについて詳しく知りたい方向けの記事

体の向きについて、なぜ利き足が後ろなのか、などの理由を細かく書いていますよ!

次の記事は、STEP3の「リフトの乗り方と降り方」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました