【初心者向け ステップ1】スノーボードの立ち方・姿勢転換

【初心者向け ステップ1】スノーボードの立ち方・姿勢転換 初心者

この記事は、スノーボードでターンができるようになるために順を追ってお伝えしていく、ステップアップ方式の記事です。

できるだけ簡単にお伝えしたいので、最低限必要な「やり方」に焦点を当ててお伝えしていきます。

まずは、スノーボード初心者が必ずと言っていいほど最初に苦戦する「立ち方」です。

スノーボードは立つことから始まりますので、ぜひ読んでみてくださいね!

※人によっては、このやり方でも立てないこともあり得ます。
それぐらい立つのは、難しいことだということを頭に入れておきましょう。

なお、より細かいやり方のポイントや、立てる理由などを書いた記事もあります。

こちらは最後の「別のページへ」の項目にリンクを載せますので、気になる方はそちらから見てみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スノーボードの立ち方①板を横にする

スノーボードで立つときに、つま先側カカト側があります。

つま先側とかかと側で立つ画

つま先側とカカト側、どちらで立つにしてもまずは、板を横にすることが大切です。

板を斜面下側に向けてしまうと、滑ってしまって立つことができないですからね。

そして、横に向けた板を立てることでエッジという板の端に付いている金属が引っかかってブレーキがかかります。

だから板が滑りづらくなるということを頭に入れておきましょう。

また、最初は斜面に行く前に、「できるだけ平地の場所」で立つ練習をすることをおすすめします。

スノーボードの立ち方②かかと側で立つ

中には、普通に立つこともできる方もいますので、そのような方は下記の方法で無理に立たなくとも大丈夫です。
■かかと側の立ち方

1.雪面に座る
1.雪面に座る

2.利き手で板の真ん中を持つ
2.利き手で板の真ん中を持つ

3.利き手と反対の手をお尻の横の雪面におく
3.利き手と反対の手をお尻の横の雪面におく

4.利き手と反対の手で雪面を押して、お尻を板に近づける
4.利き手と反対の手で雪面を押して、お尻を板に近づける

5.つま先を上げる意識を持っておく
5.つま先を上げる意識を持っておく

6.利き手で引っ張りながら体を板に近づけていく
6.利き手で引っ張りながら体を板に近づけていく

7.利き手と反対の手で雪面を押してお尻を浮かせる
7.利き手と反対の手で雪面を押してお尻を浮かせる

8.利き手と反対の手で押しつつ利き手を板から離して、少し前側に勢い良く立つ
8.利き手と反対の手で押しつつ利き手を板から離して、少し前側に勢い良く立つ

※立つときには、利き手を板から離すようにしましょう。
前に転んだときに手を挟むと危険です。

◆一連の流れのイメージGIF動画
かかと側の立ち方のJIF

スノーボードの立ち方③つま先側で立つ

つま先側は、簡単に立つことができますが、立った後に転びやすいです。

そのため、下記の方法で立つ練習をすることをおすすめします。

■つま先側の立ち方

1.四つん這いのような姿勢を作る
1.四つん這いのような姿勢を作る

2.両手で雪面を押しながら板に近づく
2.両手で雪面を押しながら板に近づく

3.両足のスネをブーツ(タン)にくっつけておく
3.両足のスネをブーツ(タン)にくっつけておく

4.雪面を押して立ち上がるときに、おへそを山側に出すようにする
4.雪面を押して立ち上がるときに、おへそを山側に出すようにする

◆一連の流れのイメージGIF動画
つま先側の立ち方のJIF

つま先側で立つときに注意してほしいことがあります。

立ったときにバランスを崩して、後ろに転びやすいので、「立った後もブーツにスネを当てたまま、おへそを前に出し続ける意識」を持つようにしてみてください。

お尻が引けてしまうと、ブレーキが利かずに後ろに滑って転んでしまいます。

つま先側で立つときにお尻を後ろに引いたときの画

スノーボードの姿勢転換①カカト側→つま先側

転んでもどちらにでも向きが変えられるように、姿勢の変え方をお伝えします。

カカト側からつま先側へ姿勢を変える方法

1.雪面にお尻を着けて座る
1.雪面にお尻を着けて座る

2.右のふとももの裏で両手を組む
2.右のふとももの裏で両手を組む

3.左足を少し伸ばし気味にして、右足のひざを曲げるようにして板を斜めにする
3.左足を少し伸ばし気味にして、右足のひざを曲げるようにして板を斜めにする

4.両手で右足を持ち上げて、左側に体を向けていき、おへそを雪面にくっつけるようにする
4.両手で右足を持ち上げて、左側に体を向けていき、おへそを雪面にくっつけるようにする

◆一連の流れのイメージGIF動画
かかとからつま先への姿勢転換

※右側に回りたければ、反対の動きをすればOKです。

スノーボードの姿勢転換②つま先側→かかと側

1.四つん這いのような姿勢になる
1.四つん這いのような姿勢になる

2.左側に転がるように背中を雪面に着けていく
2.左側に転がるように背中を雪面に着けていく

◆一連の流れのイメージGIF動画
つま先からかかとへの姿勢転換

※右側に回りたければ、反対の動きをすればOKです。

別のページへ

「転び方」と「必要なプロテクター」に関する記事

滑る以前に、できるだけスノーボードで転んでも痛みを少なくしてもらいたいです。

「転び方」や「必要なプロテクター」のことを知っておくことが、「今後楽しめるのか」に関係しますので、読んでおくことをおすすめします。

「立ち方」についてもっと詳しくコツや注意点を書いている記事

もっと成功率を上げたいと思った方は、上記の記事を読んでみてください。

◆板(バインディング)に足を着けるための方法を書いた記事

そもそも、「板の装着方法がわからない」という方はこちらの記事を読んでみてください。

◆次の記事「STEP2:片足での滑り方」

コメント

タイトルとURLをコピーしました